Loading...

ON AIR

#001 『はじめまして、ワインの輪、はじめます。』

2020.04.11

はじめまして、ワインの輪、はじめます。

・パーソナリティの紹介
・二人の出会いについて
・今日のワイン
・フランスのローヌ地方について
・ワインの小話
・ナチュラルワインって何?
・ビオディナミ農法について
・自然農法について
・エンディング

 

 



今日のワイン

 

Le Raisin et l’Ange ¥2500
ル・レザン・エ・ランジュ

Fable
ファーブル

フランス ローヌ地方 

(品種)シラー70%、メルロ20%、ガメ10%

(資料から抜粋)

「亜硫酸無添加が絶対条件。ワインにブドウ以外のものは入れない」
を信条とする、ジル・アゾーニのドメーヌ。

ジルはパリで生まれ、1983年アヴィニョン西北の静かな渓谷の山間、レ・サルレ村でドメーヌを開設。畑はつい近年まで携帯電話も通じない、孤絶した地域であった。

真摯かつ情熱的なワイン造りで、濃いばかりで単調になりがちな地域のシラーやグルナッシュから、熟成後にブルゴーニュも及ばないほど繊細で複雑な美しいワインを生む。

2016年から息子のアントノーが醸造に加わり、ワイナリー名義も息子の名に変更したが、当面はジルも現役を続ける予定。親子の不変の哲学は「ブドウはイエス・キリスト。畑は聖母マリア。造り手は二人に従う羊飼いである」。


Yoshiki-kunのメモ
フランスにいた頃、この人のワインが好きすぎてここのドメーヌを訪問するだけの為に、Lionから車で往復6時間かけて行きました。ほんとに田舎です。w
ジルさんは生憎パリに出かけていて会えませんでしたが、アントノーが出迎えてくれて、初めは30分くらいしか時間が取れないと言われていたのに、結局話に花が咲いて3時間くらい居座りました。w
飲むとワクワクするような高揚感。まだまだボトル差もあり安定したワインは少ないですが、身体に染みるワインです!

 

copyright ©winenowa. All rights reserved.

Radio Of Wine